いや、自分をほめたっていい!そうだろ? | 筋勉ブログ  

いや、自分をほめたっていい!そうだろ?

筋勉くんってどんな人?

筋勉くん
筋勉くん

こんにちは!筋勉くんです!
読んでいただきありがとうございます。

名前の通り筋トレ×勤勉さをモットーにブログを書きます!

なんとnoteを1年継続したら
フォロワーが2300人
を超えた新社会人です
書くことが好きだってわかったので個人ブログをスタートしました!

どんな記事を書くの?

  • 社会人奮闘記
  • 書評と日々の気づき
  • 筋トレ日記
  • 留学・旅行記

以上4点を本人が楽しく!読者のためになるような記事書いていきます!

自分もっとほめようぜって話

筋勉くん
筋勉くん

noteであのAKBゆきりんさんを抜き
#positiveで一の記事を今回はそのまま紹介!

あなたが1番ほめられて嬉しい人
それは誰でしょうか?

それは自分自身です。

「いや、自分だと思わなかった」
そう思った人

出る杭は打たれる、自己満足が叩かれる
日本社会に自尊心を潰されています

と私は思います。

私は大学1年生で筋トレを始めるまで
自分をほめることが苦手だった

私はこれまでに、
客観的に見るとすごいことを成し遂げてきました

•私が経験したこと
➀小学6年生で運動会の団長、委員長
②プロを輩出するJrチームでバレーボール
③中学3年の体育祭で応援団
④高校でバレー部キャプテン、生徒会、
 体育祭の実行委員長  
などなど…

しかし、自分に全く自信が持てなかった。

「筋勉くんってナルシストだよね」
「先生から好かれるためにやってるの?」

こんな言葉に潰された。

自分をほめるのは良くないんだ
自分をほめたらけなされるんだ

この考えが植え付いていました。

私がアメリカに留学した際
この考えは少しずつ変わっていきました

全く英語が話せなくても

「アメリカに留学にきたお前はすごい!」
「君の英語はうまいじゃないか!」
「筋肉すごいね!おれも負けてられない!」

頑張る人を素直に応援してくれた

そこで私は

頑張ってる自分を
ほめちぎってもいいんだ

このような思考になりました

だがしかし、
自分をほめるのは難しい

自分をほめることができる
→自分の期待に応え続けること

だと思います。

だから、私は

「自分で決めたこと(自分との約束)を
 絶対に破らない」

そう行動することに決めました。

他人を喜ばせるために生きすぎてないですか?

自分を自分でほめることは
自分にしかできません。 

「自分の1番の応援者は自分自身」

私の理解者は私の中にいる

応援してくれる自分と一緒に行動してみて下さい
そしたら私は心が楽にポジティブになりました。

人の期待は気にしない。
自分の期待に応えていこう!

コツコツブログを書く自分をほめる
そんな自分を作る。

続くかわかりませんが、自分ほめながら楽しくやってきます!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA